まずはボイストレーニングとはどういったことかを解説します

ボイストレーニングとは日本語で発声訓練と呼ばれるものです。主にアーティストや俳優、声優などの舞台で活躍する職業の人がやっているイメージがあると思います。一般的に上手に歌を歌うことだけを目的としていると思われがちですが、それだけではありません。音痴矯正や、リズム感を養う練習、発声や滑舌の改善にも使われます。基本の腹式呼吸から始まり、身体を使って声を出す練習をしていきます。音程の取り方や声域を広げる方法などを段階的に覚えていきます。トレーニング後は声がつややかになり、メリハリや安定感も出てきます。音程だけでなく、正しいリズムもとれるようになります。楽器演奏等に比べ、メジャーな習い事ではありませんでしたが、最近では音楽スクールにもコースが開講されており、気軽に学べるようになってきています。

ビジネスシーンで活躍するボイストレーニングがあります。

ボイストレーニングはビジネスマンや就職活動生からも人気が高くなってきています。声質や話し方、声の大きさやスピードは時に、話す内容よりも強く聞き手に対して印象を残すからです。発声や滑舌を治すことで、相手により好印象を与えることができます。また、原稿の読み方指導を行っているところあり、プレゼンテーションや商談にてすぐに実践できる力を身につけてもらえます。こうした訓練は焦ると吃ってしまう、言葉が詰まってしまうという方にも支持されています。練習を重ねることで緊張してもゆっくり、はっきりと話すことができるようになります。体全体を使って声を出せるようになることで、歌うことだけでなく、話すことも魅力的になるという点は未だあまり知られていない大きなメリットです。

ボイストレーニングはどこで習えるのか。

音楽スクールのコースで習うこともあれば、個人で経営しているボイストレーナーに教えてもらうこともできます。中には独学で勉強する人もいるようです。それぞれのやり方にはメリットとデメリットがあります。例えば独学の場合、経済面での負担は軽くなりますが、一人では自分が正しいトレーニングができているのか判断しづらく、また、自分では気づくことのできない短所や弱みを矯正することができません。音楽スクールは個人経営に比べ店舗数が多く通いやすいことが特長です。他にもたくさんの生徒が教室を行き来していることで、気軽に体験レッスン等が受けられる点も良いところの一つです。しかし、コースが開設されていないこともあるので確認が必要になります。一方、個人経営をしているボイストレーナーは多くはありませんが、専門性が高く、広い範囲のニーズに応えることができます。

無料体験レッスンをご用意しておりますので、まずはお気軽にお試しください。 創業24年の伝統ある総合音楽教室です。 ソルフェージュ・システム・メソッドによる有効性の高いレッスンシステムが特徴です。 会員だけが出演できる、「サントリーホール」などの一流のコンサートホールでの「定期演奏会」があります。 東京のボイストレーニングは小林音楽教室がおすすめです