正しくて効果的なボイストレーニングのやり方を紹介します

最近は、老若男女問わずカラオケが格好のストレス解消法としてメディアで取り上げられる事も多くなっています。そんな中、どんな状況でも歌唱力のある方は一定の脚光を浴びるものです。だからこそ、歌が上手くなりたいと思う方も多いでしょうが、その為には正しいボイストレーニングをする事が必要になります。この中には呼吸法であったり正しく喉を使っての発声であったり色々とある訳ですが、第一に心掛けるべきは腹式呼吸です。これを意識する事で発声をする際に重要な横隔膜をコントロールし易くなり、身体全体の力が自然と抜けて楽な姿勢で歌う事が可能になるのです。しかし、腹式呼吸と言ってもお腹に力を入れて息を吸ったりする必要はありません。むしろお腹全体をリラックスさせ、背中や腰でスーッと空気を吸い込み脳に酸素を送り込む様なイメージを心掛ける事で長く続ける事を可能にしましょう。

歌が上手くなる為の声の出し方は?

人間の歌声にも色々ありますが、まず思い浮かぶのが地声と裏声だと思われます。特に裏声はファルセットとも呼ばれこの声を効果的に使う事でより魅力的な歌声になり、また音域を広げるキッカケにもなります。ボイストレーニングの目的は大きく分けて地声をしっかり聞かせる様にする事とファルセットの使い方をマスターして音域を広げることにあります。では、ファルセットを上手く出せるようになるにはどうするか?まずは地声と裏声の切り替わる音程を知る事が大切です。地声で音程を上げて行きこれ以上は無理、と言う所で裏声に切り替える、この転換点を知る事でこの2つを上手に切り替えて歌う練習が可能になります。そして、裏声を綺麗に出すコツは喉仏の周辺を出来るだけダランと緩めて低く広く保つ様にする事です。とにかく喉の力を抜く事を意識してみましょう。

音域を広げる為の声の出し方は?

カラオケを歌っていてどうしても歌えない高音の曲を歌いたいと思う事はあると思います。しかし、地声では歌えなくてもボイストレーニングにより裏声を効果的に使い地声の様な芯のある声で歌えるようになります。この様な声をミドルボイスやヘッドボイスと言います。これらを上手く出せる様になるにはどの様な練習法があるか、とにかく地声をしっかり響かせられる様になる事が大切なのですが、効果的な練習法としてまず唇を合わせたまま息を吹いて振動させるリップロール、地声の出せるギリギリの低い音域で声帯を振動させた声を出し続けるエッジボイス等がありますがこれらの練習のコツは口の中に力を入れ過ぎない事です。力を抜いて声を出す事によって一音一音がよりハッキリと聞こえる様になり、それに伴い変にこもった声等も自然と解消されます。さて、色々と書いてきましたがこれらのトレーニングはどれも地味でしかも慣れないとかなり難しい面も有ります。しかし、上手く行かなくても諦めず続ける事が歌唱力向上の第一歩と言えるでしょう。